++ゆうと日記雑記++

お人形写真更新


先日、またまたワンオフを手に入れることが出来たので、写真を更新しました。
ピュアスキンのセシル、すごく嬉しい〜!
翔子ちゃんもものっそ可愛い〜〜!
それとなかなか紹介できないでいた、まど男君もやっと紹介です。可愛いよ〜!

セシル(画像左)はもともとSDにハマるきっかけになった造形。(厳密に言えば、キャプテンの方だけど)
それだけに、セシルは欲しかったのです。しかも最高お気に入りのメイクですよ!
翔子ちゃん(画像中)は、デフォではアクリルアイの子だったんですがメイクの可愛さにやられました。
どちらもじゃんけんなし!
まど男くんは、可愛い系!2号の良いお友達になってくれそう〜!

でもって先日、急用で京都に行ったときに、フルチョをしてきました_| ̄|○
もうこれでフルチョは打ち止め!!お金もないし場所もない!
でもどうしても欲しかったんだよ。17番のサンライト。
これで17番、3色肌色が揃います。楽しみ!

ということで、もっともっと写真をいろいろ撮りたいです〜。頑張ります〜!
2005年07月28日(木) No.6 (ドール)
Comment(0) Trackback(0)

友達の輪


私の紹介で出会った人達が、私をすっとばして、しっかり絆を結んでいる。
「え〜、あの人達、そんなに仲良くしてたんだ〜!?」
とびっくりすることが、最近すごく多い。ここ10日ほどで5件はあった。いや、もっとかな?
嬉しいような、ちょと寂しいような(笑)
だって、自分の位置(その人にとっての)がわかるからね。。。orz

でも、それが友達の輪というもの。そこからいろんな絆や出会いが生まれて人間関係が成り立っていくんだなぁ。良い出会いも悪い出会いも、人生変えるほどの大きな出会いも、みんなこうやって人と人との繋がりから生まれてるんだなぁ、と当たり前のことながらしみじみ実感している今日この頃。。

そんな中でも、私をすっとばさず(笑)、関連することは必ず中継地点である私を経由してくれる律儀な人もいて、頭が下がるというか、嬉しいですよね。

そう。誰が誰を紹介して誰と友達でいるか、とかそういう問題じゃないんだな。
結局は個々の繋がり。個々が誰を必要としているか。
いろんな意味で必要とされる人間になりたいもんだ、と最近自分磨きをむちゃくちゃ怠っている自分が、ぽつりと呟いております。
ついでにマメな人間にもなりたい。。。。。マメさがないんだよね。私。。。。
2005年07月27日(水) No.65 (日記雑記)
Comment(0)

馬超くん


桃に教えて貰って、プレステ2の「三國無双3」にハマっております。
この前、桃が泊まりで遊びに来てくれたときに、「2」を持ってきてくれて、二人で徹夜で遊びますた(*´ω`*)
桃が武将を強くしてくれていたので、もうストレス発散しまくり〜〜。気持ちよかった。

そこでその後さっそく、私も買って参りました。今更「3」を。(だって安かったんだもん)
馬超、かっけ〜〜〜(*´∇`)

元々三国志は大好きなだけに、(周瑜×孔明で小説書いてたし(・∀・)ニヤニヤ)馴染みも早かったんだけど。
けど、馬超の詳細は知らなかったんですな。蜀の偉い武将、ってくらいしか。んで、このゲームで馬超に興味を持ったので、お約束の史実調査をしてみました。すると。

【馬超】
白皙の顔に紅を差したような紅い唇、涼しげな目元に、鍛え抜かれた豹のような肢体。
肩幅は広く腰は細く、声は弾力があり、馬上に銀色の鎧と長槍という勇姿。曹操も惚れ惚れしたという。

うはー!言うこと無しじゃんよ!なんである程度三国志勉強してたはずの私が見落としてるんだ???
亡くなったのは。。。47才!(*`д´)b OK!

白皙の美貌、若死に(50才未満)、頭脳明晰。
特に美貌と頭脳は証言が残っているほどずば抜けていないとダメ。
これが私がツボる歴史上の人物なわけだが。

馬超は。あぁ。。頭脳はずば抜けている、というほどではなさそう………?
いやいや、まだわからん!歴史の見方は色々ある。ましてや奥の深い三国志。
一見、時節や時勢が読めていないようでいて、実は深いわけがあるのかも知れない。

歳三だってそうだ。「新選組は時勢が読めていない」と、彼らを知らない人達にオバカ扱いされることもあるが、歳三はわかっていた。読めていなかったのではない。わかっていて幕府と一緒に倒れたのだ。彼自身がそれを望んだのだ。
彼自身の言葉で、それははっきり語られている。

馬超だってそうかもしれない。ということで、これからいろいろ調べてみたいと思ってまふ。
(いろいろご存じの方、いろいろ教えてくださいね〜)
(ついでに、私のツボにはまる歴史上の人物の推薦もよろしく。東西問いません)
2005年07月21日(木) No.64 (日記雑記)
Comment(0)