++ゆうと日記雑記++

幻想水滸伝と鬼平


昨日は「幻想水滸伝后廚函峺諺杰繃伝1&2(PSP)」の発売日でした。
もう、この年になるとゲームに対しての興味は、やや冷め気味なんだけど、幻水だけは別でしょう!
幻水1&2は、その昔パソ通の仲間に推薦されてやってみました。
もう、ハマりましたね〜!ファンサイトなんかも作ったりしてキャラ絵描いて、もう夢中でした。
どのキャラが好き、というよりも、あの世界観というか、音楽、ストーリー、画面の雰囲気、そしてものすっごい細かいシャレ(お風呂での会話とか目安箱とか美青年攻撃とかムササビ戦隊とか!!)が本当に最高で、私の中ではもう、あれを超えるものはないわけですよ。
(今でもケータイの着メロは、「Gothic Neclord」と「愛を超えて」は必ずDLしてる)

幻水をいつでもどこでもやりたくて、幻水の為だけにPSOneも買いましたよ。
その1&2がPSPに移植って言うんですから、これはもう買うしかないでしょ!
ということで、PSP本体はまだ持ってないくせに、ソフトだけさっさと買いました。うは。
予備に3枚くらい欲しいよ。まったく。

しかし、幻想水滸伝3と4は。なんつぅか、その。
特に3。ポリゴンになっちゃって、なんかもう、違うゲームみたいになってしまいましたよ。
取りあえずラスボス前までクリアして、そこでセーブして何故か放置。
4なんて、海が舞台で(海苦手)1時間ほど遊んで放置。
私の幻想水滸伝はどこに行っちゃったの゚(PД`q゚)゚。てな感じでした。

そして5。
昨日始めてみましたよ。1時間くらいやってみた。まだわかんない。
でも、あの世界観を久しぶりに感じたですよ。1と2をやってすごく感動したあの気持ちが、なんとなく胸の奥底で疼くんですよ。紋章とかポッチとか、そういう言葉を聞くだけで熱いものがこみ上げてくるんですよ。それほど1&2はよかったんですよ!(5の話じゃないんかい。。。)
5も楽しもうと思ってますが、やっぱ1&2をやりたいですよ。
PSP、買ってこよう。

ところで先日の鬼平。
幻水1&2並みに心震えましたよ〜〜〜〜!
今でもああいう時代劇を作り上げることのできるスタッフさんがいるんですね〜〜!
嬉しいよ〜〜〜 。
制作側もどんどん世代交代しているから、いい時代劇は作れなくなった、と聞いていただけに、本当にああいうのを見せて貰える..
続きを読む
2006年02月24日(金) No.69 (日記雑記)
Comment(0)